So-net無料ブログ作成

熊本で震度7…阿蘇山の噴火ありえるのか?今後の見通しは、、、 [天文・天体・宇宙]

熊本で震度7を記録!阿蘇山の噴火の可能性、地震の今後の見通しは?


熊本県で震度7の地震が起こった。地震の大きさから、阿蘇山の噴火も懸念されている。


日本はこの運命からは逃れられないんだろうか。。。。




今回の熊本県の地震は震度7。

マグニチュードは6.4。

現在の死者は3名……。となっている。




阿蘇山の噴火も危惧されていて、これを機に活性化するのではないだろうか?
と不安な声が上がっている。



しかし、最も不安に思っているのは、熊本に住んでいる避難した人々だろう。


正直なことを言えば阿蘇山や桜島など、火山まで噴火をしてしまったら、
熊本だけに飽き足らず九州地方一帯で未曾有の大災害となるだろう。



今回の熊本の震度7の被害では済まないのは確実だ。


阿蘇山の噴火の前に、今回起こった熊本の震度7について触れておこう。



熊本の地下でなにが起こったのか??



結果から言うと活断層が原因である。
横ずれ断層型というのが今回の地震である。


過去の例で上げていくと、「阪神・淡路大震災」
と同じだそうだ。







横ずれ断層とは、横に大きく揺れる地震のことだ。


image.jpeg

上記の図のように横に割れることを言うのだ、、、
家屋が倒れやすいのも横ずれ型だ。


さらに熊本の今回の地震はとても長い。



震度7とまではいかないものの、震度5〜6強くらいの地震が一週間程度は続くだろうと言われているのである。


一週間も強い地震に見舞われたら、精神的に病んでしまう人もいるのではないだろうか 、、、



今回の被害は阪神淡路ほどではなかったが、とても大きかった。
被害が抑えられたのも、日本の技術の進歩もあったからだろうと見ている。


阿蘇山の噴火が起こったら、、、、
考えると怖くてたまらない。










過去の災厄、カルデラ大噴火の可能性もあるのか?阿蘇山を考察してみる。

上記では熊本で震度7が起こったので、地震について触れていたが、
地震や津波より怖いもの、それは噴火である。


image.jpeg


火山の噴火は滅多に少ない、だが、たちまち起きてしまえば大災害になることは間違いないだろう。


熊本は震度7と地震の情報ばかり飛んでいて、火山情報はまだ特にはない。


しかし、今後またいつか活性化するのかわからない、火山の観測所などから、危険な状態ならすぐに知らせもくる。


今の所は心配ないが、果たして今後はどうなるのか…………。


「カルデラ大噴火」というのをみなはご存知だろうか??



未曾有の大災害と言われる、過去に日本で起こった大噴火のことである。


阿蘇山も4回、この大噴火が起きている。



「ASO4」とまで呼ばれているものだ。
阿蘇山で最近のカルデラ噴火では、9万年前に起こっているようだ。


関東地方まで被災する大災害だったと言われているのだ、、、。



今回はないかもしれない、しかしもしかしたら起こるかもしれない!



これはただの予想、根拠もなにもないが、スパン的に考えればここ最近で起こる可能性はゼロではないということだ。



正直言うと、カルデラ大噴火が起こってしまったら、どうすることもできない。
多くの死者が出てしまうだろう。



なんにしても阿蘇山の噴火は今のタイミングでは最悪と言っていいだろう。


起こらないことを祈るばかりだ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます