So-net無料ブログ作成

DAIGOからのkskの意味の真実。北川景子が号泣のDAI語。 [芸能・スポーツ]

DAIGOが贈る『ksk』の歌詞の本当の意味とは…?

DAIGOが北川景子と結婚したのは言うまでもないが、
結婚披露宴の時にDAIGOが贈った曲「ksk」



この「ksk」という歌詞の意味の真相はなんだったのだろうか。。?



ということで、
DAIGOが北川景子宛に創ったとされる「ksk」の意味をいろんな解釈の仕方を集めてみた。




DAIGO.jpg


「ksk」のパターン


・結(k)婚し(s)てく(k)ださい。

・景(k)子、好(s)きだ!結(k)婚しよう。

・景(k)子、ずっと一緒(s)にいよう!結(k)婚してください。







とまぁ、こんなところだろうか。



DAIGOが北川景子にプロポーズした時、いい放った言葉だが、


「ksk」が色々は方向に見られていたため、注目が集まった。



100kmマラソンをDAIGOが完走した時、「ksk」とプロポーズ。



北川景子は、事実上のOKを出したのだが、DAI語で返せなかったと後悔もしていたようだ。



スポンサードリンク





北川景子はこの時、DAIGOの「ksk」の意味を「結婚 して ください」



このように捉えていて、DAIGOも頷いたため、ほぼこれで間違いないとは思うのだが、




DAIGOから贈られた「ksk」はもう少し深い意味があるようにも思えるのだ。




私が思うに、「ksk」には結婚してください。
の捉え方もあるだろうが、複数の意味がある思われるのだ。



信頼、愛情…



結婚する上では、関係を長く保つということでは必要不可欠だ。
現代において、長続きしている夫婦も奇跡と言ってもいいくらいかもしれない。




いまの現代はそれくらいに離婚率は高いものだと思われる。




だからこそ、「信じている」という捉え方も出来るし、
「奇跡」という捉え方も出来るのではないかと、私は確信している。



DAIGOは駄目押しと言うまでに、
結婚披露宴でも「ksk」を歌詞にまでにして、妻・北川景子に贈った。




DAIGOと北川景子の間にはもっと色々なことがあったとは思うのだが、
そこは2人だけのプライベート。




これ以上掘るのも野暮なのでやめておこう。
ぜひ長続きして欲しいものだ。


スポンサードリンク





『ksk』の唄に北川景子が大号泣!DAI語を第三者の捉え方は??

ksk.png


「ksk」を贈られた北川景子が大号泣していた。



本当の意味はわかっていたのかは定かではないが、贈られた側からすると嬉しいことこの上ないだろう。



「ksk」を歌詞にして贈ったことは、まぁ置いといて。



2人が本当に愛し合っていたということは間違いないようだ。



DAIGOからの実談話だが、
「2人でよくゲームとかするんですよ。どちらも本気でやるからたまにケンカになって(笑)」



幸せそうを通り越して、もはや羨ましいとしか言いようがないが、第三者は2人の生活はともかく、



「ksk」のことはどのように感じていたのだろうか??








幸せを分けてもらえたということで、祝福の声もやはり多く集まっているようだ。




だが、なかにはこのような意見も出ているようだ。







やはり賛否両論といったところだろうか。



「ksk」。歌詞にしてCDにまでする必要があったのだろうか?
という人も少なくない。



かくいう私も、北川景子宛にのみ贈ってということならまだ全然分かるのだ。



CDにまでして売り出す必要があったのか?というとこれは別になくても良かったともうのだが…。



所属しているレコード会社の判断だからなんとも言えないのだろうが、
ぶっちゃけ、入らなかったと思っている。



とまぁ、「ksk」の意味について語ってきたが、
真相は結局2人にしかわからないということだ。




なんにせよめでたいことには変わりない。
今後も寄り添って歩いていけるように、お祈り申し上げる。





スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます