So-net無料ブログ作成

植松聖の刺青画像、、真相が明らかに! 帝京大学から抱いていた暗い影も。。 [事故・事件]

植松聖の刺青画像、意味は?どんな理由で??真相に迫る!

植松聖容疑者の刺青の画像。
こんなことにまで注目が集まる程、今回の事件は衝撃的なものだった。


相模原殺傷事件
今後もこの事件は大きく取り上げられるだろう。
もちろん、その容疑者にも、、、


人の真相心理とは実にわからないものだ。
良い人が一変、殺人の容疑者に。またその逆も然りだ。


今回の植松聖容疑者の真相心理とは一体どんなものだったのだろうか、、、?

これが、今回の相模原殺傷事件の真相にも繋がるだろう。


その証拠に迫れるのがこの刺青画像である。
植松聖容疑者の刺青の画像から真相に迫っていこうと思う。








「もともとは優しくて真面目な良い人」

これが、植松聖容疑者の印象だったようだ。
聞くからに刺青など入れるような人物には思えない。

だが、証拠として画像にも残っている。



…。そもそも、刺青を入れる人の真相心理を皆ご存じだろうか?



一言でいうなら

【心が不安定】

ということなのだ。
一体どういうこと??と思うものも多いと思うが、


結果から言うと、精神的に不安定だった可能性が高いということなのだ。


刺青やピアスを開けたりすることは「自傷行為」と呼ばれ、
幼少期、愛情が足りてないとこのような行為に走りやすいのだという。



植松聖容疑者も似たような心情だった可能性は高い。



刺青画像を見たが、彫ってあるのも身体全体だ。
威嚇、誰かに見てもらいたい、、、、。


このような気持ちの表れだろう。



刺青自体には大きな意味はないだろう。
しかし、刺青画像をみても入れたのは事実であり、
精神的にも大きな理由があるはずだ。










植松聖容疑者の帝京大学時代からの夢、小学校教員。そこに落ちた暗い影の謎とは?


相模原殺傷事件で、一時日本中を震撼させた植松聖容疑者。


刺青画像が掲載されるなど、恐怖の対象ともなっているが、
一昔前の植松聖はこんなではなかったというのだ。。


植松容疑者を知るものは口を揃えて言う。


「彼は良い人だった」


大学時代は帝京大学にも通い、小学校の教員も目指していたのだという。




心根は真面目であったはずなのに、なぜこうも豹変してしまったのだろうか??



ちなみに、植松聖容疑者はこのように供述している。
「障害者なんていなくなればいいと思った。施設をクビになり恨みがった。」


彼のものいいから、一昔前の経歴や性格、真面目であったというものからはかけ離れている。



精神面に異常があったのか、それとも精神的に不安定となり危ない状態だったのか。





このようなところが、植松聖容疑者の心境といったところか。



だからと言ってこのような事態、はいやってしまいました。で済むわけがない。




刺青画像のこともそうだが、真相の究明は必須であろう。
今後の動きにも注目したいものだ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます