So-net無料ブログ作成

植松聖の刺青画像、、真相が明らかに! 帝京大学から抱いていた暗い影も。。 [事故・事件]

植松聖の刺青画像、意味は?どんな理由で??真相に迫る!

植松聖容疑者の刺青の画像。
こんなことにまで注目が集まる程、今回の事件は衝撃的なものだった。


相模原殺傷事件
今後もこの事件は大きく取り上げられるだろう。
もちろん、その容疑者にも、、、


人の真相心理とは実にわからないものだ。
良い人が一変、殺人の容疑者に。またその逆も然りだ。


今回の植松聖容疑者の真相心理とは一体どんなものだったのだろうか、、、?

これが、今回の相模原殺傷事件の真相にも繋がるだろう。


その証拠に迫れるのがこの刺青画像である。
植松聖容疑者の刺青の画像から真相に迫っていこうと思う。








「もともとは優しくて真面目な良い人」

これが、植松聖容疑者の印象だったようだ。
聞くからに刺青など入れるような人物には思えない。

だが、証拠として画像にも残っている。



…。そもそも、刺青を入れる人の真相心理を皆ご存じだろうか?



一言でいうなら

【心が不安定】

ということなのだ。
一体どういうこと??と思うものも多いと思うが、


結果から言うと、精神的に不安定だった可能性が高いということなのだ。


刺青やピアスを開けたりすることは「自傷行為」と呼ばれ、
幼少期、愛情が足りてないとこのような行為に走りやすいのだという。



植松聖容疑者も似たような心情だった可能性は高い。



刺青画像を見たが、彫ってあるのも身体全体だ。
威嚇、誰かに見てもらいたい、、、、。


このような気持ちの表れだろう。



刺青自体には大きな意味はないだろう。
しかし、刺青画像をみても入れたのは事実であり、
精神的にも大きな理由があるはずだ。










植松聖容疑者の帝京大学時代からの夢、小学校教員。そこに落ちた暗い影の謎とは?


相模原殺傷事件で、一時日本中を震撼させた植松聖容疑者。


刺青画像が掲載されるなど、恐怖の対象ともなっているが、
一昔前の植松聖はこんなではなかったというのだ。。


植松容疑者を知るものは口を揃えて言う。


「彼は良い人だった」


大学時代は帝京大学にも通い、小学校の教員も目指していたのだという。




心根は真面目であったはずなのに、なぜこうも豹変してしまったのだろうか??



ちなみに、植松聖容疑者はこのように供述している。
「障害者なんていなくなればいいと思った。施設をクビになり恨みがった。」


彼のものいいから、一昔前の経歴や性格、真面目であったというものからはかけ離れている。



精神面に異常があったのか、それとも精神的に不安定となり危ない状態だったのか。





このようなところが、植松聖容疑者の心境といったところか。



だからと言ってこのような事態、はいやってしまいました。で済むわけがない。




刺青画像のこともそうだが、真相の究明は必須であろう。
今後の動きにも注目したいものだ。






金曜ロードショーでマレフィセントが地上に!見どころ&ネタバレの結末を紹介! [映画・ドラマ・アニメ]

金曜ロードショー『マレフィセント』が地上波に初登場!見どころは??後半にはネタバレも!

金曜ロードショーで遂にあの人気作、『マレフィセント』が地上波に初登場!

見どころも満載なので、録画を撮るなら今のうち!!


image.jpeg

ディズニーの最高傑作と言われる中の1つ『眠れる森の美女』
主人公・オーロラ姫に【永遠の眠り】の呪いをかけた悪役・マレフィセント。



今回はマレフィセントの視点で描かれたものとなっている。
新感覚で新たに構築されたこのファンタジーが地上波で見られる時が来た!



金曜ロードショーが今から楽しみでならない。
多くのディズニーファンも待望していただろう。



さてさて、前置きはこれくらいにして、、、、
早速『マレフィセント』の見どころを知ってもらおう!!


簡単にまとめてあるんで損はない!!!
※(後半にはネタバレもあります、結末を知りたくない方は注意!)







★地上波・金曜ロードショー『マレフィセント』の見どころまとめ★



今回、大役とであり目玉であるマレフィセントを演じきるのは、
アンジェリーナ・ジョリー。


何と言っても見どころはマレフィセントの生き様だろう。



アンジーはこれを完璧に演じきって見せた。
強く・優しく・恐ろしいヒロイン像であるマレフィセントの気持ちが、
フィルムの向こうから伝わってくる。



実に、ファンタジック且つリアルに見てとれる作品だ。



また面白い点が、アンジーの娘もマレフィセントに登場する。
親子揃っての出演だ。


旦那・ブラッド・ピッドの出演は残念ながら無いが、
2人の娘がオーロラ姫の幼少時代を演じているので是非注目してみていただきたい。



因みに演技は俳優の親譲りなのか、素晴らしい演技である。


★内容★

なぜ彼女は姫に呪いを?美しきも悲しい妖精の秘密とは…

妖精の国・ムーアで育った可憐な妖精・マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)は、 ある日、敵対している人間の国の青年・ステファン(シャールト・コプリー)と出会い、恋に落ちた。しかし、ステファンの心は野心にあふれ、いつしかマレフィセントから離れていく。時が経ち、人間と妖精の戦いが再燃。ムーアの守護者として国をまとめる存在に成長したマレフィセントは人間たちの襲撃をことごとく追い返していた。人間の国の王様は「マレフィセントを殺した者を娘と結婚させる」というおふれをだす。王の言葉に目がくらんだステファンは、久しぶりにマレフィセントのもとを訪れる。何も知らず、ステファンが会いに来たことを喜んだマレフィセントだったが、ステファンはそんな彼女を騙し、トレードマークである大きな翼を奪い去ってしまう。ステファンは「マレフィセントを殺した証拠」として王に翼を渡し、計画通り王座を手に入れた。ステファンの裏切りを知ったマレフィセントは絶望し、悲しみと憎しみからすっかり豹変。ムーアは以前のような輝きを失ってしまった…。 そして、ステファンと王妃の間に美しい姫・オーロラが誕生。妖精のノットグラス(イメルダ・スタウントン)たちがオーロラの誕生を祝福する中、マレフィセントがパーティーの場に現れた。復讐に駆られたマレフィセントはオーロラに“呪い”をかける。オーロラは16歳の誕生日に糸車の針で指を刺して永遠の眠りにつき、真実の愛のキスだけがその眠りを覚ますことができるというのだ。呪いを恐れた王は、ノットグラスたちに密かにオーロラを育てるよう命令。妖精たちは森の奥でオーロラを育てようとするが…








金曜ロードショー『マレフィセント』のネタバレ!地上波が初めてという人は注意!!


ここからは『マレフィセント』の本物のネタバレ。

金曜ロードショーの地上波が初めてという方は閲覧注意!!


ネタバレと結末まで行くよ!!



ではでは、、、、





マレフィセントが現王・ステファンに仕返しで娘のオーロラ姫に呪いをかけた。

どうやらこの呪いは【誰にも】解けないそうなのだ。

16歳になった時、オーロラ姫は永遠の眠りにつく、、、、、。

しかし、マレフィセントはオーロラ姫と森で心を通わせるごとに自分が掛けた呪いを後悔するようになっていく。

マレフィセントはオーロラ姫に呪いのことを話した、だが結果は拒絶。

マレフィセントを避けるようになった。

そして16歳になり、オーロラ姫は永遠の眠りにつく。。



ここからが本番。



マレフィセントはオーロラ姫と恋に落ちたフィリップにキスをさせた。

しかし、オーロラ姫は目を覚まさなかったのだ。

呪いは解けなかったのだ。


真実の愛などない…。

涙ながらにオーロラ姫にキスすると、なんと呪いが解けたのであった。

以後、マレフィセントはステファンの攻撃により窮地に立たされるが、

オーロラ姫がマレフィセントの奪われた翼を見つけ、

父が犯した真実に気づき、マレフィセントを助けた。

最後は妖精の世界と人間の世界のが平和的に統合され、マレフィセントが女王となった。



これがマレフィセントの全容とネタバレとなっている。
見どころも合わせると、とても感動できる映画だと思われる。



結末は意外にもハッピーエンドなって意外な感じだが、
ギャップであり、、、、である。




金曜ロードショー『マレフィセント』地上波に初放送で乞うご期待!!








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます