So-net無料ブログ作成

田口智治逮捕でのFacebookの反応とは?覚せい剤など薬物波及…  [経済]

田口智治が逮捕! Facebookの反応はどうだ? 

日本でも昔から知られる人気ロックバンド
「CCB」の元メンバー田口智治(54)が逮捕された。



理由は覚せい剤の所持…


人気ロックバンドの元メンバーだっただけに、
衝撃が走った。


スポンサードリンク





事件が動いたのは7月2日のことだった。
神奈川県警は、午前11時35分頃、


東京都足立区にある田口智治容疑者の自宅に、
覚せい剤を所持した疑いがあるとして、
覚せい剤取締法違反で逮捕された。


田口容疑者も
「私が使用するために持っていたものです」
と容疑を認めていることが明らかになった。


FacebookやTwitter でも多くの反応が寄せられている。





『Romanticが止まらない』などの
名曲を生み出してきた『CCB』。

メンバーのキーボードをしていた田口智治容疑者、

Facebookなどの反応を見てもファンは
いまでも多いようだ。
このような不快なスキャンダルはショックだろう。

なんにしても残念で仕方がない話である。


スポンサードリンク





覚せい剤に染まる芸能人…なぜなのか?


またか…と危ぶまれるほど、近年になって
覚せい剤などの薬物所持で捕まる芸能人が増えてきた
ような気がする。


今回のCCB:田口智治も含め、

押尾学・田代まさし・清水健太郎・ASKA岡崎聡子etc…


このように見ても、決して薬物乱用は少ないとは言えないだろう。


まだ見つかっていないだけで、
使用している輩はまだいるだろう。

芸能人と呼ばれる人たちは、
有名になればそれだけ多くの繋がりができると言っていい。

繋がりというのは、決して良いものだけではない。
邪な関係を持とうと接触してくる輩というのもで出てくるだろう。

そういった中から、本来では所持すら許されない、
薬物という逃げ道を作ってしまったのだろう。

第三次薬物乱用時期とまで呼ばれているようだ。


ついでにいうと、
第一次と言われるのは終戦後の混乱期と呼ばれた時だ、
1945年〜1957年くらいだ。

第二次が1970年〜1994年くらいだ。
暴走族などが増加し、シンナーなどが流行った。

第三次と呼ばれる今は覚せい剤やシンナーだけでなく、
MDMAや大麻といった危険ドラッグなど
多種多様な薬物が増加した。


しかし、どのようにこの薬物というのは
流れてくるのだろうか…


今後も被害者は減るどころか増える可能性があるだろう。



今回の事件でもわかったと思うが、
薬物は快楽を与えてくれるが、失うものは
計り知れない。


これはすべての人に共通することだ。


覚せい剤などに手を出せば人生が終わる。
それくらいの気持ちで拒絶しなければならない。


スポンサードリンク



チプラス首相の無能っぷり!支持率は維持しているが… [経済]

チプラス首相の無能っぷりがヤバすぎる!

政権交代から約5年…
ついに綻び始めたのだろうか、

この窮地のなかで
チプラス首相の無能っぷりには度肝を抜いてしまう。


スポンサードリンク






現在のギリシャの状況はみんな知っているだろう。



過去に積み重ねていた借金の返済期限が
2015年6月30日という約束で、


ギリシャはこの期間までに借金返済を
することができないかもしれない…
という状況だ。


もしも、 返済できたとしても
また違う国や団体から借金をするか

はたまた、借金返済ができない場合は、
デフォルト(債務不履行)、つまりは財政破綻だ。

正直に言って、未だに
緊迫状態は続いている。

それにどちらに転んでもギリシャにとっては
良い結果となることはないだろう。



そんな追い詰められた状況で、
チプラス首相は、国民の反感を抑えるために、

いくつか政策を発表したが、


それがなんとも言い難い、無能とも思えるものだった。


一つ目は、銀行の閉鎖
国内の銀行を休業させ、1日の預金引き出し額を
60ユーロ(約8100円)までとした。

これには、銀行からの資金流出を防ぎ、
破綻を防ぐ狙いがあったようだ。

しかし、この緊急事態に国民がパニックに…

預けているユーロが紙切れになるのではないか?
このままだと銀行からお金が引き出せなくなるのでは?

このようなことがよぎったのだろう。

国の財政が危機だからといってパニックにさせて
どうするのだろうか?


二つ目は、交通料金の無料化

首都アテネの公共交通機関を無料にすると29日に
突然発表した。


銀行の営業停止を予定している7月6日までとしている
らしい。
損失分は後日、政府が補てんするとしているらしいが…



もはや悪あがきにしか見えない。
こんな状況でいまさら?という感じだろう。

支出を減らすのが狙いだろうが、応急手当にすぎない。


無能感丸出し…と言われてもしょうがないか。


スポンサードリンク





支持率は維持している?


しかし、チプラス政権は
国民からからそれなりな支持率を得ているようだ。

それは、政権交代時に打ち出した、
反緊縮というのが効いているのだろう。



しかし、財政破綻に追い込まれている状況で、


EUからの条件は、簡単にいうと緊縮だ。



つまり、これを飲んでしまうと、矛盾が発生し、
チプラス首相以下、この政権は崩壊する。



だからこそ、EU側、ギリシャ側
双方に譲歩しながら条件を出してはいるが、


未だに平行線が続いているわけなのだ。



…元を辿ってしまえば、ギリシャが悪いのだけれど。



この先もチプラス首相の無能と思わせる政策が
出てくるかもしれない。


支持率もいつまで持つのやら…

静観してみていこうと思う。


スポンサードリンク



ギリシャが破綻したらどうなる…、日本への影響どんなものか [経済]

ギリシャが破綻の危機!どうなるかというのを解明すると…?

いま、経済ニュースはこの話題で持ちきりだ。
ギリシャの財政破綻問題、ユーロ圏に留まるか否か


ギリシャはすでに破綻の危機だ。
あと一歩間違えれば、本当に破滅するところまできている。  
この先どうなるのだろうか…


スポンサードリンク





とりあえずは原因、何が一体悪かったのか?


結果から言えば、こんなことになった
のはギリシャ自身のせいである。


そして大きな原因が2つある。
1つ目は、ギリシャがウソをついていたこと、つまり隠蔽だ。

ギリシャが本当の財政を隠していた、ということだ。

これの始まりが、2001年のEU(ヨーロッパ連合)
に加盟するところからこの財政隠蔽が始まっていたのだ。


わかりやすく順を追って羅列していこう。




ギリシャはEUの加盟を希望していた。
しかし、EU加盟の基準を全く満たせていなかった。
過去200年で100回近くのデフォルトを出しているギリシャ。

※基準:「各国の財政赤字はGDPの3%以内であること」
        
         ↓

ギリシャはここで、財政の赤字を隠蔽
ウソをついたまま、2001年のEUへ加盟。

ここから、財政を建て直せず、どんどん赤字か肥大化していく…

         ↓

そして、2010年。ギリシャで政権交代が起こる。
これがきっかけで、ギリシャの赤字のウソがバレることになった。

ギリシャの危機、破綻へのカウントダウンが始まった。

         ↓

新政権が財政再建を開始する。
隣国のドイツ・フランスから「3年は財政再建に尽力しないと支援しない」と拒否。
EU・IMFに融資を要請することに。

結果…
EU・IMFから、3年間で1200億ユーロを借り、
300億ユーロの赤字削減に成功!

         ↓

だが、それまでに問題も多発。
・急な財政再建に市民が反発、デモが幾度と起こる。
・ユーロ圏内なため、景気がなかなか回復せず…

         ↓

そして2015年、抱えていた爆弾も破裂寸前まできた。

財政の建て直しに限界がきてしまい、デフォルトの可能性が濃厚となってきた。

詰まるところ、破綻ということだ。

         ↓

しかし、EU加盟国ということもあり、デフォルトしてしまうと、世界経済
特にヨーロッパ経済の混乱は避けられない。

それだけは回避しようと、ドイツ・フランスなどが
条件を出してEUへ留まるように呼びかけているが、

現在でもそれには応じず、平行線の状態だ。




実に自分勝手が過ぎるというものだ。
財政悪化は自国責任、
いまの現状も自国の怠惰が招いた結果だ。


周りは被害を被っているだけだ。




2つ目は、ギリシャの政策である。

ここまで赤字が膨らんだのは、
間違いなくギリシャが行ってきた制度、政策によるものだ。


★公務員が優遇されすぎていること!
国内の公務員の多さ、高い給与は理由の一つだ。

公務員の給与は民間の3倍、
さらに総人口の1割が公務員という、無茶苦茶な待遇だ。


★豊富な年金の支給!
EU加入により、借金がやりやすくなった、
それにより、財布のヒモが緩んでいった…


★脱税の横行が激しい!
ギリシャは小売店ですら正式なレシートを発行していないようだ…
簡単に言うと、売上をごまかし、税金を安くしているということ。



惨状はこんな感じである。
やりたい放題し放題とはこのことをいうのだろう。


こんなことをしていたのでは、
国の財政圧迫、赤字の肥大化は必然だったとすら言えるだろう。


スポンサードリンク





日本への影響どのように出るのか?


実際にギリシャでデフォルト、
つまり債務不履行により破綻してしまった場合、
日本への影響は出るのだろうか?


というのが、我々が一番気になるところだ。


日本への影響はかなり限定的に及ぼすとの見方が大勢である。


つまり、荒れる可能性があるのは株式市場だ。


もし、破綻を起こしてしまった場合、
ユーロ圏の離脱、そこから単一通貨・ユーロの信用が
無くなる。


それが世界経済に波紋を呼んだ場合、
株価が下落することが濃厚となってくるということだ。



ニッセイの研究員は、
「日本の金融機関は、ギリシャの国債をほとんどもっていないので、
この問題自体が日本の金融機関に及ぼす影響は限られていると思う。ただ、
この問題が、ほかのユーロ圏の国々の国債に影響を及ぼしたり、
ユーロ相場が大きく動いた場合に間接的な影響が及んでくる可能性はあるかもしれない。
もともとユーロ圏全体と日本との貿易額は、
アメリカや中国と比べても小さいので、
日本経済が直接的に打撃を受けるという可能性は小さいだろう」


意見を聞く限りでは、日本への影響は小さいようだ。



ギリシャのデフォルトまでは、すでに1日を切っている。

さらには、借金の返済はいまのギリシャには不可能である、
と首相もコメントを残している。


破綻か現状維持か…


行く末をもう少し静観するとしよう。


スポンサードリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます